MINECON特設サイト

えっ、こんなところで!?WWDC19でMinecraft Earthのデモ映像が流れる

まさかこんなところでデモ映像が公開されるだなんて…

皆さんWWDCをご存じでしょうか?WWDCとは、Appleが毎年開催する開発者向けのイベントです。(僕は、64万円の“おろし器”ことMac Proが欲しいです。)

そんな、Minecraftと関係のなさそうな、Appleのイベントに、Minecraft Earthのデモ映像が流れました。まさかAppleのイベントで、世界初公開のMinecraft Earthのプレイ動画が見られるなんて…

ビルドモード

なにもなかった机の上に突然建築物が現れました。花火にレッドストーン装置などもありますね。ブロックの設置やプレイヤー名などが、リアルタイムで相手のAR映像にも反映されていることがわかります。

また、自分をAR上に出現させることもできます。さらに、「モーションキャプチャー」という機能を使い、自分とAR上の自分に動作を反映させることができます。映像では、女性が両手を上げると、AR上のプレイヤーも手を上げているのがわかると思います。しかし、「モーションキャプチャー」はios版限定とのこと

プレイヤーモード

Minecraft Earthの本気はここからです。

なんと、ビルドモードで作った建築物の中に入ることができます。

本当に、Minecraftの世界に等身大の人が現れたようにみえますね。

まあ、実際はこうなんですが…こちらの機能もios限定となっています。Androidユーザーの方は、iosユーザーの方とお友達になるしかないですね。

Minecraft EarthはポケモンGOなどに比べて、一人だけではなく複数人で盛り上がれる機能も充実しているように感じます。

今年の夏にMinecraft Earthのベータ版が公開されます。ベータ版を遊ぶことのできる人数は限られているとのこと。ベータ版を遊んでみたいと言う方は以下のサイトから登録してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください