【Java最新版対応】スライムチャンクを調べる方法を4つのステップで解説

今回はスライムファインダーというサイトを使ってスライムチャンクを調べる方法を4つのステップで解説していきます。

1.シード値を確認しよう!

まずは、シード値と呼ばれるものを確認しましょう。シード値とは各ワールドに与えられた識別番号のようなものです。

まずキーボードの

T

を押してしてください。

写真のような黒いバーが出てくると思います。

そこに、

と打ち込んで

Enter

を押してください。

写真のような表示がでると思うので緑色の文字(シード値)にカーソルをあわせクリックしてください。自動的にクリップボードにコピーされます。

2.座標を確認しよう!

次に、現在地の座標を確認しましょう。

F3

を押してください。

写真のような表示がでると思います。ここのBlockと書かれた行が座標です。この座標をメモしてください。

3.スライムファインダーを使おう!

次にスライムファインダーを使ってスライムチャンクを探していきます。スライムファインダーのサイトにいきましょう。

このようなサイトが開くと思います。

まずは設定が「Java Edition」になっていることを確認してください。確認できたら、「seed」と書かれたボックスに先程コピーしたシード値を貼り付けてください。

シード値を貼り付けたら「Find Slimes!」と書かれたボタンをクリックしてください。

次にX、Zと書かれたボックスに先程メモした座標を打ち込みます。

先程メモしたものは左側の数字からX、Y、Zの順番で並んでいるので最初部分の数字と最後の部分の数字を打ち込めばいいわけです。

打ち込んだら「GO」と書かれているボタンを押してください。

赤い点が現れたと思います。ここが現在値の座標です。そして、緑色に塗りつぶされている部分がスライムチャンクです。

試しに近くにあるスライムチャンクの上にカーソルを持っていってみてください。

右下に枠で囲まれている部分のような文字が出てくると思います。それがスライムチャンクの座標です。

対角線上の座標が表示されています。座標は(X/Y)となっており、fromの座標は右上、toの座標は右下です。

ここの座標もメモしておきましょう。

4.スライムチャンクを探そう!

最後にワールドに戻ってスライムチャンクを実際に探してみましょう。

まず、赤い点(from)の座標の位置に目印となるブロックを設置しましょう。

次に、

F3G

を同時に押してください。

そうすると、1チャンクの区切りがでてくると思います。この区切られたチャンクがスライムチャンクです。

このチャンクの区切りを非表示にする場合も

F3G

を同時に押せばきえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください