MINECON特設サイト

統合版Realmsを一ヶ月使ってわかったメリット・デメリット

Minecraftでのマルチプレイを手軽に楽しめるRealmsを使ってみたい!!という方も多いのではないのでしょうか。今回は、Realmsを使う前に知ってほしいメリット・デメリットをご紹介します。

注意
この記事では統合版Realmsに関しての記事です。Java版のRealmsに関しての内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。

メリット

いつでもログインできる

これがRealmsの一番のメリットだと思います。社会人が友達と通常の方法でマルチとかほぼ不可能なレベル。なのでこのRealmsのサービスはとってもありがたいです。

手軽に導入できる

[ストア]もしくは[新しく作る]からRealmsを選択するだけで作れてしまいます。特に面倒な設定もないのでとても簡単です。

プリペイドカードでも購入可能

基本的にこういう月額制のサービスってクレジットカードが必要なんですが、Realmsはプリペイドカードでも購入できます。(Xbox Oneのみネット上に情報がなくプリペイドカードでRealmsが購入できるか確認できていません。)

自動バックアップ機能がある

設定をしていなくても自動的にワールドデータのバックアップをとってくれます。ワールドデータがクラッシュしたor荒らしに荒らされたなんてことがあってもすぐ復元できます。また、バックアップデータはダウンロードできます。

導入コストが安い

Realmsは2人(+1人)のプランでは470円、10人(+1人)では930円という価格でそれほど高くもありません。

デメリット

ワールドの詳しい設定ができない

Realmsの管理画面ではワールドの詳しい設定をおこなうことができません。(例えば「座標の表示」とか…)なので、新規ワールドでマルチプレイをおこないたい場合は、通常の方法でワールドを作り、設定をした上でワールドをRealmsにアップロードするしかないです。

基本成人していないアカウントではRealmsに入る事ができない

Xbox Liveアカウントの年齢が20歳以上ではないと基本Realmsに入ることができません。「 あなたのXbox Liveアカウントの設定が原因でフレンドを追加できません。これはXbox.comのプライバシーとオンラインの安心設定から変更できます。 」とでます。この場合、保護者のアカウントの「Xbox設定」から変更できるそう。

軽量化のための制限がある。

サーバーなので通常のワールドとは違い軽量化にともなう制限があります。例えば表示距離。

どちらとも同じ48チャンクですが、画像のようにRealmsでは表示距離が狭まります。

その他

Realmsの最大接続人数に関して公式の表記の仕方では誤解をうみやすい内容でしたのでこちらでわかりやすく解説します。

Realmsのプランが2人の場合、最大接続人数はフレンド2人+自分(お金を払った人)で計3人ということです。

またRealmsのプランが10人の場合、最大接続人数はフレンド10人+自分(お金を払った人)で計11人となります。

1 COMMENT

ソウル

一部アドオンや/op,@e[name=腐肉]が使用できないとかもあります

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください