ConoHaマイクラレンタルサーバーを使ってわかった7つのメリット・デメリット

ConoHaが提供しているMinecraftテンプレート使用し構築したサーバーを使ってみてわかったメリット・デメリットをまとめてみました。

MEMO
今回の記事はConoHaからの提供、又はアフェリエイトを使用した宣伝活動ではありません。実費で体験した経験をもとに書いているので安心してご覧ください。

メリット

サーバーを建てるまでが簡単

Minecraftサーバーを建てるまでの作業がとても簡単です。

普通にMinecraftサーバーを建てる場合
  • サーバーを操作するためのアカウントを作成
  • Minecraftを動かすためにJavaをサーバーにダウンロード
  • サーバー内にMinecraftを管理するアカウントを作成
  • Minecraftをダウンロード
  • eula.txtを開いて利用規約に同意
  • サーバーのポートを開放

ConoHaのMinecraftテンプレートを使えば、以上の工程をすべて行う必要はありません。

なのでコンソール画面(黒い画面)を使わなくてもMinecraftサーバーを建てられます。「サーバー建てるの不安だなぁ」という方に勧めやすいと言いたいところなんですが実はマイナスポイントが…これはデメリットのところで紹介します。

サーバーの基本操作がしやすい

サーバーの再起動やシャットダウンをボタンひとつで行う事ができます。

通常はコンソール画面にコマンドを打ち込む必要があるので、このようにボタンで操作できるのはとっても簡単でいいですね。

またサーバーを操作するためのアプリがConoHaから配信されていてスマホからもサーバーの状況や、再起動、シャットダウンを行うことができます。

24時間いつでもログイン可能

24時間、サーバーさえ稼働していればいつでもログインできます。ConoHaだけではないですがレンタルサーバーを借りてマルチする一番のメリットだと思います。

クレジットカードを持っていなくても大丈夫

ConoHaはクレジットカードでの支払いだけではなくConoHaチャージConoHaカード(プリペイドカード)での支払いが可能です。

ConoHaチャージの支払いはクレジットカード、Amazon Pay、 銀行決済(ペイジー) 、コンビニ支払い、PayPal、 Alipay で行うことが可能です。

このため、クレジットカードを持っていない方や学生でもConoHaチャージやConoHaカードを利用してサーバーを契約できます。

デメリット

ゲームモードの変更などは管理画面でできない

Minecraftの設定はConoHaサーバー作成時に変更できません。

そのため、ゲームモードや難易度などの設定を行うためにはコンソール画面を使用する必要があります。(正確にはFTPソフトを使った変更方法などあります。)

普通にマルチプレイを行う場合は基本的にコンソール画面に触れる必要があるということです。

参考:難易度の変更方法

管理画面を開くのに時間がかかる

ConoHaの管理画面は開くのに時間がかかることが多いです。また、開こうとするとこのような画面がでることが多々(というか必ず)あります。

ConoHaアプリでも開くのに時間がかかることがあります。

そのため、操作自体は簡単なのですが使いづらく感じることがあります。

Java版Realmsに比べて値段が高い

ConoHaでは快適にプレイできる人数と推奨サーバースペックが公式サイトに明記されているので、その価格とRealmsを比べると以下のようになります。

人数
(サービス名)
4人以下(ConoHa)5~10(ConoHa)11人以上(ConoHa)最大10人(Realms)
料金 1,400円/月 3,420円/月 6,670円/月904/月

値段にかなりの差があるのがわかると思います。

RealmsとレンタルサーバーであるConoHaはできることがかなり違うのですが、簡単に友達と遊べるサーバーがいいという方はRealmsのほうが良いと思います。

Java版Realmsを一ヶ月使ってみてわかった8つのメリット・デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください